日本語教師を養成するための通信講座

  • 日本語教師になる為に方法は

    • 学校の先生になりたい場合は教員資格が必要ですが、日本語教師を目指す場合は現時点では必要不可欠な資格というのは存在しません。
      勿論採用される為にあれば便利な資格というのはありますが、小学校や中学校の教師のように教員資格がなければなれないといった職業ではないので、応募条件としては基本誰でもなることが出来ます。もっとも実際に日本語教師として働くことを考慮すれば日本語の知識だけではなく、外国人に教えることになるので英語もマスターしておくのが最低条件と言えます。

      さらに日本語教育の現場は多様化しているので専門性が求められますし、日本の文化について聞かれる事も多いので日本文化について幅広い質問に対応できるだけの知識が必要となります。


      ちなみに多くの日本語学校で採用の際にチェックしていることは4年制の大学を卒業していて、尚且つ日本語教育に関する専攻を履修しているかどうかです。

      あと財団法人日本語教育復興かが実施している日本語教育能力検定試験に合格していれば、必要な専門知識があることを証明できます。

      日本語教師の情報探しはそれほど難しくありません。

      他にも民間が主催している420時間以上の日本語教員養成講座を修了しているか、実務経験が1年以上あるかが問われます。
      そんな日本語教師の採用状況を見てみると条件がいい求人に関してはかなり倍率が高いと言えます。
      常勤で安定した収入を得ることは難しく、非常勤での募集が多いと言うことが出来ます。



      だからまずは非常勤で採用されて経験を積み常勤での採用を目指すというのが一般的です。



  • 日本語教師の養成をもっと知る

    • 日本の景色や文化が好きな外国人は世界にたくさんいます。2020年の東京オリンピック開催が決まり、日本について興味を持ち始めてる人も多いでしょう。...

  • 日本語教師の養成の学びたい知識

    • 日本語教師になるためには、3つのルートがあります。文化庁受理の420時間日本語教師養成講座を修了するルートの場合には、大学を卒業していることが必要です。...

  • 日本語教師の養成の予備知識

    • 日本語は世界的にも難しい言語の一つになっていますが、最近は来日して定住される外国人数も増えており、日本語を教える学校を必要としています。その理由としては、日本は様々な産業で外国人労働者の受け入れが盛んに行われており、外国人労働者の就業の機会が増えている点があり、その上では日本語を必要とするからです。...

  • 1から学ぶ日本語教師の養成

    • 日本語教師は現在世界各国で活躍しています。青年海外協力隊員としても募集があるため、地球の裏側でも日本語を教えるなどの指導にあたっています。...

top