日本語教師を養成するための通信講座

  • 日本語教師養成の3つのルート

    • 日本語教師になるためには、3つのルートがあります。

      日本語教師の養成はかなり有益な情報が揃っています。

      文化庁受理の420時間日本語教師養成講座を修了するルートの場合には、大学を卒業していることが必要です。

      通学講座が主になり、6か月程度勉強する必要がありますが、午前と午後のフルタイムで学ぶことにより3カ月で修了することができるコースもあります。
      働きながら資格取得したいという場合でも、平日の夜や土日を利用して受講し、1年から2年程度で資格を取得することも可能で、多くの人が仕事をしながら日本語教師の資格を取得しています。日本語教育能力検定試験の合格を目指すルートは、毎年10月に行われている試験を受験し合格することが必要です。受験資格の制限はなくだれでも受験することができます。


      大学を卒業していなくても受けることができますが、合格率が低く、難易度が高いという特徴があります。

      独学でも挑戦することはできますが日本語教師養成講座などに通って勉強することがおすすめです。
      大学で勉強するルートは、確実に日本語について学び、教師として必要な知識や技術を養成することができるためおすすめです。
      一般的に高卒者よりも大卒者の方が給料などの面でも有利になることが多いので、大学を卒業していない人におすすめのルートです。



      しっかりと学ぶことができるため、自信をもって教えることができるようになります。
      時間はかかりますが、日本語教師を仕事にしたいという多くの人が選んでいるルートでもあります。



top